コーヒー本

2011年1月29日 (土)

『秘密の多いコーヒー豆』

P1020981

book 『秘密の多いコーヒー豆』クレオ・コイル

コーヒーハウスを舞台にしたミステリー小説です。

427ページもあるので、読み終わるのはいつになるか分かりませんが…coldsweats01

ジャケットがかわいいでしょhappy01

シリーズもので他にも4巻ほどあるようです。

クレオ・コイルという作者名は、

マーク・セラシーニとアリス・アルフォンシの夫婦合作のペンネームだそうです。

この作品はカフェインレスのコーヒー豆がテーマになっていて、

なかなかマニアックな内容のようなので、きっと作者はコーヒー好きなんでしょうねcatface

コーヒーハウスのバーチャルHPがあるのもおもしろいです。

pc  http://www.coffeehousemysteries.com/

興味が湧いたら是非のぞいてみてくださいhappy01

2010年3月18日 (木)

“おいしい珈琲のある生活”

P1020007

cafe“おいしい珈琲のある生活”を是非お手伝いさせて下さいsign01smile

book この本は最近のコ-ヒー事情が分かりやすく、

適度に詳しく説明されていて、違和感もなくお薦めですhappy01

コーヒーの基礎知識からドリップの淹れ方、

アレンジコーヒーのレシピにコーヒーに合うケーキのレシピ、

サンドイッチレシピ等、幅広く親切ですcute

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ペーパードリップの淹れ方は、本では分かりにくい場合は

当店でもコーヒー教室をしていますので、是非どうぞ!happy01

2010年2月 7日 (日)

『コーヒーの香味を探る』

P1010263

もっと上手に、もっと分かりやすく、それぞれのコーヒーの

味の特徴をお客様にお伝えしたくて読んでみましたhappy01

…が、活用できるかな…coldsweats01

ホントはどんなコーヒーもご自身で飲んで、

味を確かめて頂きたい、楽しんで頂きたいと思っています。

    “百聞は一飲に如かず”

また、ご自身でいつものように淹れて頂くほうが味の比較が

できると思います。

いろいろなコーヒーを体験して、

気分に合わせてコーヒーを選ぶとか、

食べ物に合わせて選んでみるという楽しみ方を

していただけたらスバラシイですcafeshine

2009年10月16日 (金)

“バール、コーヒー、イタリア人”

P1010357

book お次の本ですhappy01 

(前回の本はちゃんと読み終わりましたcat

タイトルからはどこへ辿り着く内容なのかなァ…と思いますが、

単行本234ページ、前回の本の2倍近いページ数、

内容も2倍くらい濃いかな…がんばって読みまーすsmile

2009年9月20日 (日)

“読書の秋”の始まりは…

P1010261

まずは、薄めの本からいこうかと思いますsmile

実はまだ前の本“おいしいコーヒーの経済論”が

読み終わっておりません…

もうちょっと読みやすそーなのからにしますcoldsweats01

book こちらの本のキーワードは

『おいしい珈琲豆と出会う』ことのようです。

おいしい珈琲豆と出会ってますか?

当店で出会っていただけるとうれしいのですが…happy01

2009年7月29日 (水)

もちろん♪COFFEE ?!

P1010044

book 久しぶりに、本を買いました!happy01 (といっても、これは雑誌かな?)

コーヒーと紅茶にまつわるいろいろなモノ

本とかCDとか映画などが紹介されていたので、

いいかな~と思って。

まだ写真しか見てませんが…smile

Would you like COFFEE or TEA ? 

2009年7月18日 (土)

“おいしいコーヒーの経済論”

P1010006

こちらもお貸しいただいた本なのですがcoldsweats01

book これから読みまーすwink

“経済”ってコトバを普段、何気に使っていましたが、

改めて、手元にある国語小辞典を引いてみると、

①「経国済民」の略。国を治め民を救うこと。

②生産・消費の社会活動。

③費用がかからないこと。

普段使っているのは②③あたりかな?catface

この本はすんなりと読めそうですhappy01

近年のコーヒー事情について書かれているようなので

勉強にもなります、ねgood 

shineshineレンタルありがとうございます!)

2009年5月18日 (月)

“究極の自家焙煎術”

book今度の読書はこれでーす。

去年、半分くらい読んで、途中休憩が入ってしまったので、

続きを読みます。

この本はタイトル通り、かなり焙煎について研究されていて

理科と数学と化学の面と (かなりムツカシイ…bearing

経営と精神の面まで幅広く記されています。

とても勉強になり、改めて気付くこともたくさん書いてありました。

前半部分ももう一度、読み返したいと思いますpencil

2009年2月11日 (水)

“Coffee Wisdom”

book“コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学”

人生や生活の取り組み方や考え方などを

おいしいコーヒーの淹れ方や条件みたいなものに例えて

前向きにしてくれる、とても読みやすい本ですhappy01

『コーヒー豆を煎ることで、コーヒーには命が吹き込まれる。

あなたに命を吹き込むものは何だろうか?』

何だろ~?catface

『コーヒーは昔から人生のささやかな楽しみのひとつだった。』

cafe たかがコーヒー、されどコーヒー

  リラックスしたいとき、考えるとき、振り返るとき…

私の焙煎したコーヒーが良きパートナーになれたら嬉しいですnote

2009年2月 6日 (金)

“コーヒーに憑かれた男たち”

book 今日の本は読書下級者の私にとって

かなり読みづらく、2割くらいニュアンス読みになっていますwobbly

コーヒーの世界の「御三家」といわれる方々のお話で

まだ第一章しか読んでいないので感想文は書けませんcoldsweats01

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ΘΘΘΘΘΘΘΘ

  • ☆お天気情報☆

    -天気予報コム-