« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月20日 (日)

小型焙煎機ディスカバリー

P1020375 

前から気になっていた小型の焙煎機

“DISCOVERY”ディスカバリーを試運転させていただきましたhappy01

幅356㎜・高さ710㎜・奥行631㎜/重量38㎏/焙煎量250g

と小型ながら業務用焙煎機に付いている装備がフルに付いて

マニアにはたまらん作りになっていますcatface

Photo_2

up左側面

ガス圧力計、ガス調整バルブ、温度計、ブザースイッチ、

撹拌冷却スイッチ、本体スイッチ、点火ボタン

Photo_3

up右側面

排気モーター、排気ファン、排気ダンパー、サイクロン、

チャフコレクター、ホッパー     完璧ですeyeshine

Photo_4

up前面

取出しハンドル、テストスプーン、温度センサー、窓も付いてます!

Photo_5

up冷却装置もカンペキですshine

スムーズに撹拌され、冷えるのも早く、

取出し口もフジローヤルの焙煎機そのまんまです。

Photo_6

up焙煎豆は焼きムラもなく、キレイに膨らんでます。

半熱風焙煎で、ガスボンベを使用して焙煎しました。

運転音も静かですear

スゴ~くいいですsign01happy02

2010年6月17日 (木)

ガムシロの作り方

P1020340

アイスコーヒーやアイスティーなどに使うガムシロも

おウチでカンタンに作れます!

市販のものに比べて濃度が濃いので、コーヒーなど飲み物の

味を薄めてしまわないのでオススメですよhappy01

お好きな砂糖とお水を煮詰めるだけです。

up今回は中双糖200gとお水250ccで作りました。

P1020341

upお鍋に砂糖と水を入れて、火にかけます。

P1020342

up泡だて器などで混ぜながら2~3分沸騰させたら出来上がりです。

P1020343

up氷水に鍋ごと冷やして粗熱をとります。

P1020347

upキレイに洗ったペットボトルなどの密閉できる容器に入れて、

冷蔵庫で保管してください。

danger2か月くらいは大丈夫ですが、お早めにご使用ください。

白い砂糖〔上白糖、グラニュー糖など〕は透明になります。

飲み物の味をじゃましない砂糖をおすすめしますhappy01

2010年6月12日 (土)

奈良観光*矢田寺編

Photo

upあじさい寺として親しまれている矢田寺〔金剛山寺〕

今年はアジサイの開花が遅れているそうで、

まだ4分咲きくらいでした。

このお寺は矢田山の中腹にあって、

たどり着くまでに階段が200段あるとか…wobbly

けっこうキビシかったですsweat01

Photo_2

ところどころキレイに色付いているあじさいがありました。

Photo_3

up清楚な山アジサイなど色々な種類のアジサイが楽しめます。

そろそろ見頃をむかえているのではないでしょうかcute

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

以上で、奈良観光シリーズは終了ですhappy01

久しぶりに訪れた奈良は穏やかに歴史を味わえるところでした。

あとは、もっと仏像や建造物を観る目を磨いたらeyeshine

もっと観る価値がupアップするんでしょうね…まだまだですわcatface

2010年6月11日 (金)

奈良観光*興福寺編

Photo

up興福寺の『五重塔』です。

興福寺では、国宝館で話題の「阿修羅像」や「千手観音像」を

拝見しました。

「千手観音像」は大きくてとても迫力がありました。

paperpaperpaper手には、カマとか色々な物を持っておられましたshineeye

Photo_2

up五重塔の前あたりで、シカさんたちはおせんべいを頂くべく

待機していますhappy01

Photo_3

upお待ちかねのおせんべいを食べたあと…delicious

danger おせんべいをあげるときは、

せんべい売りのおばさんのところへ行く時から注意してください。

おばさんのところへ近寄ったときからシカさんたちは立ち上がって

せんべいをGETするための戦闘モードに入りますsmile

Photo_4

up『中谷堂』の草もちです!

高速餅つきで有名な「中谷堂」は興福寺の近くにあります。

興福寺・南円堂の横の階段を下りていくと、

お土産などを販売している商店街があり、通り沿いに

中谷堂はあります。

「草もち」やわらかくて美味しかった~delicious

また食べたいなーhappy02

2010年6月10日 (木)

奈良観光*平城宮跡編

Photo

up『朱雀門』…平城宮の正門です。

P1020288

up奥に見えるのが『大一次大極殿』で朱雀門と大極殿の間には、

近鉄奈良線が走っていますbus 大和西大寺駅leftright新大宮駅

結構、本数が多いのに驚きましたeye

踏切を渡って、大極殿へ向かいます。 

P1020289

遠いぞ~wobbly

何もないところを大極殿へ向かってひたすら歩きますsweat01

雨上がりの雲がなんか重くていいカンジです。

Photo_2

upじゃじゃ~んと『第一次大極殿』でーす。デカイです。

向かって左側から中へ入ることができます。

中には、いろいろ展示されていたような…

あんまり興味を引かれるものがなかったかな…coldsweats01

Photo_3

up大極殿からの景色です。遠くに朱雀門が見えます。

朱雀門leftright大極殿間は直線で約800mくらい。

他にも広場や資料館などあるのですが、

遠くに見えるのであきらめましたwobbly

とにかく広い!

『跡』っていうところはたいてい形の無くなってしまった“跡”だから

情景が思い浮かべれるくらいの予備知識がないと

「何もないところ」で終わっちゃいますねbearing

P1020302

でも、そよ風が吹いて草原が広がっている景色に

遠い昔の風景と時代の流れを味わえたような気がします。

何もないことがまたいいのかもしれないね…catface

 

2010年6月 9日 (水)

奈良観光*薬師寺編

Photo_2Photo_9

平城遷都1300年祭が行われている

奈良へ行ってきましたhappy01

今回はbus近ツーのバスツアーです。

まずは、『薬師寺』から… eye

Photo_10

up『東塔』…特別に内部が公開されています。

古い柱と天井を鏡で見やすくしてあります。

Photo_3

up『西搭』…こちらは昭和56年に復興されたので、

少し新しい色合いで、一日に2~3回内部公開され、

中へ入ることができます。

Photo_4

up『金堂』…仏像が大きく、近くで拝見できるのでいいです。

Photo_5

up『大講堂』…正面41m、奥行20m、高さ17m

という大きな建物です。本尊、後堂ともに見応えがあります。

Photo_6

up『玄奘三蔵院』…道を挟んで、少し北へ行ったところにあります。

Photo_7

up『大唐西域壁画殿』…平山郁夫画伯が30年の歳月をかけて

完成させたという壁画が絵身舎利としてお祀りされています。

大作です。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

薬師寺は「白鳳伽藍」「玄奘三蔵院伽藍」と二つに分かれています

が、どちらも白鳳時代の建築様式に統一されていて、

“龍宮造り”といわれるように独特な雰囲気がありましたcatface

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ΘΘΘΘΘΘΘΘ

  • ☆お天気情報☆

    -天気予報コム-